>

仮想通貨オアシス(Oasys / OAS)とは?通貨の特徴を分かりやすく解説

オアシス(Oasys)はゲームに特化したブロックチェーンとそのプロジェクトを指します。オアシス(Oasys)はそのブロックチェーンで高速なトラザクション処理が可能、エンドユーザーのガス代が無料などゲームで利用するには特化しています。またプロジェクト創業やブロックチェーンのバリデーターに日本のトップのゲーム会社とweb3の会社が参画しており、注目の仮想通貨(暗号資産)です。

本記事ではオアシス(Oasys)の特徴などを紹介します。

オアシス(Oasys / OAS)とは?

Oasysの基本的な情報

Founding Team : Gabby Dizon、中谷始、上野広伸 、國光 宏尚、内海州史

通貨名 : OASトークン

ティッカーシンボル : OAS

発行上限 : 100億OAS(メインネットローンチ*から6年後に追加発行予定)

Whitepaper : 英語(2023年1月時点 

*メインネットは2022年10月にローンチ

オアシス(Oasys)は自身を「Blockchain for The Games」と呼んでいるプロジェクトで、ブロックチェーンの処理速度やエンドユーザーがガス代を払わなくて済み、ビットコインのブロックチェーンが抱えている問題を解決する仕様で開発が進んでいます。また創業チームが特徴的です。太鼓の達人やSOULCALIBURなどのディレクターなどを務めたバンダイナムコ研究所のCEO中谷氏、ソニーでプレイステーション、セガでドリームキャストの立ち上げなど経験した現セガの共同COOの内海氏と日本のゲーム業界のトップの方がプロジェクトのFoundingに参画しています。またweb3業界からはGumiとThirdverseのCEO國光氏、double jump.tokyoのCEO上野氏が参画しているだけでなく、多くの日本のゲーム会社とweb3会社がバリデーターに名を連ねており、日本人にとっては馴染みやすいプロジェクトになっています。

オアシス(Oasys)のネイティブトークンはOASトークンで、ガバナンスやペイメント、ステーキングやVerse作成に利用されます。

オアシス(Oasys / OAS)の今後・将来性・価格

オアシス(Oasys)はプロジェクトのメインネットが立ち上がって間もないですが、チームやバリデーターに日本のゲーム業界、web3業界の有名なプレイヤーが参画しています。有名なIPのゲームがオアシス(Oasys)ブロックチェーン上で稼働し、多くのユーザーが利用し始めると価格の上昇が期待できます。

OASの値動きはKuCoinのOASチャートページで確認できます。プロジェクトの期待が低いというより暗号資産(仮想通貨)の相場がよくないので、トークンの価格は市場最高価格から落ちていますが、プロジェクトが盛り上がったころに相場が回復してくれば、OASの価格上昇も期待できるでしょう。

See also  日本最高のオンラインカジノでプレイして楽しもう
Rating
( No ratings yet )
Loading...