>

省エネ生活の要!家庭用蓄電の比較と選び方

家庭用蓄電池で何ができるの?基本機能を解説

太陽光発電システムの普及が進む事により、注目度も増している蓄電池。種類も多く、どのような種類の製品を選べば良いのか迷ってしまいませんか?

本記事では、家庭用の蓄電池の基本機能から選定する際に注目すべきポイントを紹介しますので参考にしてみて下さい。

目次

1.家庭用蓄電池で何ができるの?基本機能を解説

2.選ぶ際のポイント!家庭用蓄電池の比較とおすすめ

3.製品紹介

4.まとめ

1.家庭用蓄電池で何ができるの?基本機能を解説

「蓄電池」と呼ばれる通り家庭用蓄電池の基本的な機能は電気をためておくことにあります。

家庭用蓄電池の場合、蓄電池単独ではなく太陽光発電システムの一部として用いられます。

主だった機能は以下の3点です。

  • 貯める

太陽光発電で生まれた電気のうち、宅内で使われなかった分を貯める。

(電力会社からの電気をためておくことも可能)

  • 賢く使う

太陽光発電で生まれた無料の電気をためて、電気代の高い時間帯に使う事ができる。

また、電気代の安い時間帯の電気を貯めて、電気代の高い時間帯に使うこともできる。

  • 非常時の備え

停電を伴う災害など、非常事態にも貯めた電気を使うことができる。

2.選ぶ際のポイント!家庭用蓄電池の比較とおすすめ

家庭用の蓄電池については【単機能型・ハイブリッド型】✕【特定負荷・全負荷】の定置型蓄電池4パターンに、ポータブル電源を加えた5種類に分かれます。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

2.1単機能型・ハイブリッド型

  • 単機能型

太陽光発電システム専用のパワーコンディショナーとは別に蓄電池用のパワーコンディショナーを必要とする。

メリット

コスト面で優れ、既存の太陽光発電システムに後付のような設置工事が比較的容易。

デメリット

ハイブリッド型と比べて充放電のエネルギーロスが大きい。

  • ハイブリッド型

太陽光発電システム専用のパワーコンディショナーと蓄電池用のパワーコンディショナーの2台分を兼ねた機能を持つ。

メリット

2台分のパワーコンディショナーの機能を備えており、充放電でムダに機器を経由しないためエネルギーロスが少ない。

デメリット

単機能型に比べてコスト面では不利。

既存の太陽光発電システムへの導入の場合、既存のパワーコンディショナーを取り外す必要があり、工事範囲が広くなる傾向。

2.2特定負荷・全負荷

  • 特定負荷

電気を供給する回路を指定しておき、停電時には指定した回路にのみ給電する。

(例:リビングの照明、コンセントのみに給電)

メリット

全負荷型に比べてコストメリットが大きい。

決まった箇所のみへのみ給電するため、電気を使いすぎる心配が少ない。

デメリット

100V家電しか使用できない。

(200V機器例:大型エアコン、IHクッキングヒーター、エコキュートなど)

  • 全負荷

停電時には、蓄電池が対応する主幹容量の範囲ですべての回路へ給電する。

※一般的な家庭の多くで停電前と変わらないような電気の使い方ができます。

メリット

停電時に家全体で電気を使うことができる。

200V家電も使用可能。

デメリット

特定負荷に比べてコスト面で不利。

家全体で電気を使えてしまう分、電気の使い過ぎに注意が必要。

(電気をたくさん使えてしまうので、稼働時間が短くなりがち)

上記で紹介したものは、すべて太陽光発電システムの一部として利用することが必要です。

電池を選択する際は、使用用途を明確にしたうえで特徴を参照してみて下さい。

2.3ポータブル電源

ポータブル電源は先述の定置型の家庭用蓄電池とは異なり、太陽光発電システムの有無を問わずに使用可能です。

ポータブル電源は主に3種類の充電方式で充電可能です。

  • AC充電方式(コンセントから充電)
  • シガーソケット方式
  • ソーラーパネル方式(専用のソーラパネルで発電し直接充電)

ポータブル電源の場合、充電した電気を宅内に給電するわけではなく、ポータブル電源に接続した機器に直接給電します。

また、ポータブル電源という名前の通り、持ち運ぶことも可能なため使用可能な場は宅内に限りません。

3.電気を賢く使うならJackeryポータブル電源!

工事や機種選定に煩わしさを感じている方には、家庭用蓄電池Jackeryポータブル電源がオススメ。

Jackeryポータブル電源であれば、購入したその日からもちろん使用できるのに加えて、持ち運びも可能。

特にオススメのモデル「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」に至っては、電池容量を約2kWh〜最大で約24kWhまで拡張できるため、現行の取り付け型蓄電池の最大容量クラスの製品を超える性能です。

Jackery(ジャクリ)公式サイト:https://www.jackery.jp/

4.まとめ

蓄電池は電気を賢く、便利に使うのに重宝するアイテムです。

選定する上で蓄電池の用途を定めるのは非常に重要ポイントですが、悩まれている方はJackeryポータブル電源を検討してみて下さい。

貯めて賢く使うという基本機能以外にも屋外レジャーなど、一層幅広い活躍を見せてくれますよ。

See also  未来の製造業:自動化と協働ロボットの役割を考える
Rating
( No ratings yet )
Loading...